忍者ブログ
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]

DATE : 2017/05/26 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/05/05 (Mon)
やプーケサムイ島やプーケットの繁華街のレストランでは、お決まりのように店頭に船形に魚やカニ等のシーフードを並べている、その中でも最も華やかなのはやはりイセエビだろう。実はこの海老、イセエビではなく、正確には五色海老と呼ばれているイセエビの仲間。で、更に実は現在タイではイセエビはあまり採れなくなっているので、多くの五色海老はミャンマーなどからの輸入物になる。

ということで、プーケットやサムイ島でシーフードを食べるのなら、五色海老はあまりお勧めできない。
お勧めできるシーフードは何かと言うと、天然の海老か、生牡蠣。

ブラックタイガーや、それに似た黒っぽい海老はそのほとんどが養殖物。お勧めの海老はオレンジピンク色の海老。(ジェブアイという名の海老)。この海老は天然なので新鮮であれば、甘みがあり、すごぶるうまい。

生カキもお勧め。
生カキは養殖物だが、これは日本でも同じこと。養殖でないカキは岩カキと呼ばれ、食材として存在するにはするのだが、数が取れない。
タイでカキの養殖が有名なのは、サムイ島が属すスラタニ県。
カキを食べるならば、プーケットよりもサムイ島の方がお勧め。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]