忍者ブログ
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5]

DATE : 2017/03/27 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/05/10 (Sat)

バンコクのスクンビット通りや、プーケットのパトンビーチ、サムイ島のチャウエンビーチ等、タイの観光地で最も多く見かける、ショップの種類はなんでしょうか?

それは、インド人が運営しているテーラーです。

以前サムイ島のチャウエンビーチで、テーラーの数を数えたことがありましたが、4キロほど続く商店街に大小合わせてなんと100軒以上のテーラーがありました。
驚きを超えて、どうしてそんなにも多くのテーラーが営業しているのか不思議に思いました。
おそらく儲かるのでしょうね。

聞いた話によると、テーラーの数は多くても、縫製する工場は数少なく、かなりの数のテーラーが同じ縫製工場を利用しているとのこと。人件費が安いタイなので、成り立つ商売なのですね。逆に考えると、日本でスーツの仕立てが高いのは、大きな割合を人件費が占めるからなのですね。

しかし、なぜテーラーを営業しているのは、インド人がほとんどなのか?
料理やだったら、まだわかる。
たとえば、イタリア人がイタリア料理、日本人が日本料理ってのは、わかりやすい。
そんなに儲かる商売であれば、なぜタイ人が手をださないのだろうか?
以外にも簡単な理由があるのだと思います。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
サムイ島チャウエンビーチ
近年、日本の都市部を中心に知名度が上がり、人気の高まっているサムイ島は。ヨーロッパ人に大人気のリゾート地。 車で1周1時間半程度の適度な大きさで渋滞知らず、1日20本の飛行機がバンコクから運行している点、設備の整った病院がある点、欧米系の大型スーパーが3店舗...
URL 2008/06/20(Fri)20:03:16
忍者ブログ [PR]